• English (United States)
  • 日本語
イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

展示

ELEGY TO ANALOG TV ~ブラウン管テレビに捧げるエレジー

2012.7.14 @ 00:00 - 2012.7.29 @ 00:00
日月火祝日 休み

アナログ放送が終了して、一年目を記念して、ブラウン管テレビの特性を生かしたパフォーマンスを展開するアーティスト4名によるインスタレーション展を開催します。

To commemorate the end of analog TV in Japan, the exhibition “Elegy to Analog TV” presents the works of four artists that make use of this now obsolete technology.

7月14日〜7月29日(水曜定休)
11:00~19:00
鑑賞料 ¥400〜(ドリンク付き)

14日 17:00~20:00
オープニング・パーティ
入場料 500円 +ドリンクオーダー

参加アーティスト
大城真 Makoto Ooshiro
http://www.makotooshiro.com
1978年沖縄県生まれ、東京在住。電子機器やジャンクなど、
身近な素材を組み合わせて制作した演奏・作曲のための
楽器や道具を使ったライヴ・パフォーマンス、またそれと並行して音や光、
物体の動作などを素材としたインスタレーション作品の制作を行なっている。
過去のイベント・展覧会に”Afterwards(2008 – 2009 西麻布Superdeluxe)”、
”夏の大△(2010 大阪・梅香堂)”、”Mono-beat cinema(東京ICC 2010 – 2011)”等がある。

神健夫 Takeo Jin
http://www.myspace.com/directlightningstroke
エフェクタ類を一切通さない直接的な電気ノイズと映像を
シンクロさせる電気実験ノイズプロジェクト。
最近では電波による実験的なアプローチを開始している。
グラインドコアやデスメタルバンドとの共演も多く、
ハードコアな側面も垣間見せる。
アートの雰囲気は微塵も感じる事ができない直感現実主義。
電音実験機関「Discord Proving Ground」を黒電話666と共に主催。

松岡亮 Akira Matsuoka
http://www.vlzprodukt.com
アナログテレビや金属ジャンクなど、
廃棄されゆく素材の新たな可能性を追求すること
に主眼を置いた活動を展開している。
またアンダーグラウンドレーベルVLZ PRODUKTを主宰、
様々なアーティストの制作を行っている。

ステファン芝辻ペラン
http://www.cho-yaba.com
1973年 フランス生まれ。東京在住。
自作楽器を奏でるノイズミュージシャン、パフォーマー。
主なプロジェクトにNunk on Droise、人間ドッグ・オーケストラ、
TV BUG、Les Belles Noiseusesなど。
身体、性、共感覚をテーマにインスタレーション作品も発表。
東京、香港、サンフランシスコ、デトロイト、サンパウロでの企画展に出展。

詳細

開始:
2012.7.14 @ 00:00
終了:
2012.7.29 @ 00:00
イベントカテゴリー:

« すべてのイベント

TOP